編集プロダクションの物語社"   書籍・雑誌を編集する会社"
サイトマップ"
よくあるご質問"
制作の流れ"
お気軽にお問合せください"

編集プロダクションの物語社のHOME" 会社概要" サービス内容" 制作実績" アクセス" お問合せ"

ことばの森その1"
 
   

■話が終わったと思わせる“サンドイッチ構造”

   
         
 一度でも文章を書いたことがある人ならわかると思いますが、ある程度長い文章を書いていると、それをどう終わらせるかに頭を悩ませます。適当に終わらせることは誰でもできますが、それでは素人っぽくなってしまいます。文章としてちゃんと落ちた感じ、終わった感じ、あるいは余韻を残すような終わり方ができると俄然“プロっぽく”なります。そこでぜひ紹介したいのが「サンドイッチ構造」です。

 ここでいうサンドイッチは、パンとパンにはさまれたその構造のことを指します。つまり、文章においても、最初と最後を同じ話ではさんでやるのです。するとあら不思議、文章が心地よく終わってくれるのです。

 これは実は音楽でも同じです。音楽はコード(和音)進行がありますが、C調の音楽だと一般にCコードで始まり、その後、G、Am、Fなどとコードがいろいろ進行していきますが、最後に最初に弾いたCコードを奏でてやると、不思議と「終わった感じ」がするのです。

 最初の話しが最後で再び触れられることで、一周した感じ、すなわち「循環」が表現でき、それが「終わった感」になるのかもしれません。

 「文章をどう終わらせようか」と頭を悩ましたとき、ぜひ文章の最初に目をやってください。そこに文章を終わるヒントが隠れています。

 
トップページ 会社概要 サービス内容 制作実績 アクセス お問合せ 得意分野 サイトマップ よくあるご質問 制作の流れ 社長の思い 制作者たち 採用情報 外部スタッフ募集 ことばの森 デザインの森 今日の現場から ものがたりしゃの導入事例
 
 編集プロダクションの物語社のお問合せ・ご相談"
 
 
 
 
Copyright(C) 2009 物語社 All Rights Reserved.
社長の思い"
制作者たち"
ものがたりしゃの導入事例"
今日の現場から"

お問合せ先"
採用情報"
外部スタッフ募集"
 
制作のヒント"

ことばの森"
「ことば」は使い方次第で、人の心を動かす大きな武器になります。ことばはどのように使うべきなのか。そのヒントをお伝えいたします。

デザインの森"
「いいデザイン」とされるものには共通したある特徴があります。デザインのコツをお伝えします。
お問い合せ
電話でのお問い合せ
03-3999-5850
メールでのお問い合せ
info@monogatarisha.co.jp
株式会社物語社
〒176-0023
東京都練馬区中村北2-22-19-301