編集プロダクションの物語社"   書籍・雑誌を編集する会社"
サイトマップ"
よくあるご相談"
制作の流れ"
お気軽にお問合せください"

編集プロダクションの物語社のHOME" 会社概要" サービス内容" 制作実績" アクセス" お問合せ"
 

     
     
     
   


メガネとは全然違う、補聴器のディープな世界!


 2017年5月15日に発売されたMOOK本『耳が喜ぶ補聴器選び NO.2』です。
 実は、この本には『NO.1』が存在し、2016年春に発行されました。それから1年の時間を経て、今回「NO.2」が無事完成となりました。

 弊社ではNO.1も担当させていただきまたが、今回も弊社が編集の総責任を務めて制作にあたりました。
 
 「補聴器」というと「音を大きくする機械」といった認識しかない人も多いかと思いますが、実は近年の補聴器はスマートフォンとつなげて操作できたり、人の声と雑音を区別して、人の声だけを大きくしたり、耳に負担にならないように、大きな音はある一定以上の大きさにならないように制御したりと、めちゃくしゃハイテク機器なんです。

 お値段もハイスペックの高いものになると、両耳で100万円くらいもするので、車が買える値段だったりします。

 でも、補聴器を使う人の多くがなる「感音難聴」というものは、きこえが悪くなると治せないので、補聴器の力がとても重要になります。

 補聴器にはどんな種類があるのか、そもそもきこえが悪くなるのはなぜなのか、といった基本的なことから、いくつかの補聴器を音にこだわる専門家がきいてみたり、耳の専門家である医師へのインタビューもなどもあります。

 補聴器購入を考えている人は、この1冊をぜひ手にとってからにしてください。
 強調したいのは、補聴器はメガネとはまったく違うこと。「調整」が非常に重要なので、購入して終わりではなく、購入した後に何度も通ってきこえがよくなるように調整し続けることで、自分の耳の状態にフィットした補聴器にすることができるのです。

詳細はコチラ↓
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2593
     
   
vol.7
vol.6
vol.5
    vol.4
    vol.3
    vol.2
    vol.1
     

 
     
   

トップページ 会社概要 サービス内容 制作実績 アクセス お問合せ 得意分野 サイトマップ よくあるご質問 制作の流れ 社長の思い 制作者たち 採用情報 外部スタッフ募集 ことばの森 デザインの森 今日の現場から ものがたりしゃの導入事例
 
 編集プロダクションの物語社のお問合せ・ご相談"
 
Copyright(C) 2009 物語社 All Rights Reserved.
社長の思い"
制作者たち"
ものがたりしゃの導入事例"
今日の現場から"
 
お問合せ先"
採用情報"
外部スタッフ募集"
 
制作のヒント"

ことばのヒント"
「ことば」は使い方次第で、人の心を動かす大きな武器になります。ことばはどのように使うべきなのか。そのヒントをお伝えいたします。

デザインのヒント"
「いいデザイン」とされるものには共通したある特徴があります。デザインのコツをお伝えします。
お問い合せ
電話でのお問い合せ
03-3999-5850
メールでのお問い合せ
info@monogatarisha.co.jp
株式会社物語社
〒176-0023
東京都練馬区中村北2-22-19-301